.

クレームが来たとき、どうしての相手の方の迫力に圧倒されてしまいます。 その結果、声が小さくなってしまったり、びくびくとした態度で接してしまうのですが、このように、いかにも怖がっている態度を示すことで、相手の態度も大きくなってしまうのです。 特に、会社側に非がないところでクレームをつけられてしまった場合、必要以上にびくびくしてしまうことで、相手にもなめられてしまいます。 理不尽なクレームをつけられた時でも、大きな声ではきはきと対応することで、クレーマーにも威圧感を与えることができるようになるのです。 さらにクレームの内容によって、専門家への相談も検討するようにしましょう。 商品を使用してのクレームは十分に対応しなければいけませんが、商品と直接関係のないクレームや過剰に金銭を要求するクレームの場合、商品への苦情ではなく、別の悪意ある目的で行っている可能性が強くなってきます。 この場合には、法律に則って適切に処理を行うとよいでしょう。

Copyright (c) 2000 www.cathyandduaine.com All Rights Reserved.